あいたまベルギー日記

tamarich.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 27日

München  ~Dachau(ダッハウ)編~

 そして、2週間の研修中ながら唯一の週末の土曜日にダッハウ強制収容跡に一人で行ってきました。まず、ダッハウの説明から致します。アドルフヒットラーがドイツ国首相に就任した数週間後の1933年3月22日に、政治犯用の強制収容所として建てられました。同収容所はその後建てられた収容所のモデルとなり、ナチス親衛隊員のための残虐行為の養成・訓練所となりました。開放される1945年4月29日までの12年間のうちに20万人以上が拘束され、うち4万3千人がここで亡くなりました。
 行ってびっくりしたのは、できる限り当時のそのままで置いていることです。ドイツは、戦争の負の歴史から目をそらさぬよう世界に伝えるよう負の遺産をそのまま残しているようで、ダッハウだけではなくいたるところにこのような場所があります。

f0022676_5273867.jpg


これが、外界と収容所を行き来できる唯一の出入り口。"Arbeit Macht Frei"、日本語で"働けば自由になる"書いてあります。





f0022676_5285777.jpg

このスペースが、朝礼などを行っていた場所です。囚人は直立不動にしていなければならず、点呼をとって人数が合わなければ拷問をうけたとのことです。


f0022676_532741.jpg



頑丈な柵で外界から遮断されており、有刺鉄線が巻かれてました。逃げようとした場合、監視員に撃たれたようです。

f0022676_5355914.jpg


先の広場と敷地の後部をつなぐポプラ並木どおりです。囚人は短い自由時間にここに集まっていたようです。端から端までそうとう広かったです。このポプラの木の両サイドにバラックという一棟200人収容予定の囚人住居が17棟(両サイドで34棟)あります。プレハブのような建物です。ちなみに、開放直前は2,000人を収容していたようです。


f0022676_547167.jpg


そして、これがその囚人の就寝場所です。ちなみに、これは復元したものです。







なお、獄門のあった建物や、火葬場もそのまま残っていました。

 感想を述べるとすると、「今後こんなことをしてはいけない」というレベルではなく「どうやったらこういう心境になるのか」と疑問でした。そして、この日はー5度以下だったと思います。あまりに寒い中一人でここに来たものですから、本当に寒くて初めて寒いということに恐怖を感じました。ですが、囚人たちは上記の環境で、この寒さですからよっぽどだったと思います。いろいろな感想があると思いますが、我々が彼らに比べて運よく満たされていることは間違いないです。 

ご冥福をお祈り申し上げます。

Tama

by tamarich | 2006-01-27 06:10 | ドイツ情報
2006年 01月 26日

München  ~文化編~

 お便り有難うございます。ご返事できていませんが、すべて拝見させて頂いております。さて、次はミュンヘン文化編。

f0022676_3321729.jpg

これがミュンヘンで有名な新市庁舎で、この建物があるこの場所(マリアンプラッツ)が栄えている場所です。

f0022676_334529.jpg



そして、この新市庁舎はこのドイツ最大の時計仕掛けで有名です。11時、12時に動きだします。そして、これら人形は等身大だそうです。


f0022676_3415276.jpg


こんな感じで人形が動くのをみんなが見ています。夏場はこのプラッツがいっぱいになるそうです。正直、自分にはあまり響きませんでした。。。


f0022676_34823100.jpg

夜バージョンです。

写真をみてもらったままなので、今回は、コメント差し控えます。

ミュンヘン日記、2回では足りませんでしたので次回Dachau編を記載致します。ドイツの負の歴史を見てきましたので、正確にお伝えしようと思います。

Tama

by tamarich | 2006-01-26 03:56 | ドイツ情報
2006年 01月 24日

München ~人編~

 皆様、お便り有難うございます。いろいろと前向きに取り組みます。そして、本日こちらハノーファーは-10度を記録しておりました、寒い!本当に寒い!

 さて、ミュンヘンでの2週間について報告します。今回は、英語でもたいがい疲れるのですが、ドイツ語なのでなかなか意思疎通がうまく行かず、結構ストレスがたまって2週目はかなりきつかったです。が、いろいろな人との出会いありで刺激を受けて帰りました。

f0022676_4535779.jpg











 週に一回学校の生徒が集合して雑談をします。こういうところでしゃべることのほうが語学がよく身に付くんですよね。みんないろいろな国から仕事のためにドイツ語が必要という人が多かったです。USA、カナダ、スイス、イタリア、イギリス、ブラジル、オランダ、オーストラリア、ロシア等々。手前は日経新聞お勤めの日本人です。

f0022676_4563917.jpg











 そして、仲良くしてもらってましたクラスメートです。左からデービット、デービット(大きい方)、ジョー(60歳)、ベティーナ(先生)、ジャック(18才)、自分です。デービット(大)はダラスから来てましたが、すごく大きかったです。見かけとは違い、足も軽く、アメリカ人には珍しく海外好きでで旅行をしょっちゅうしているようでした。ジョーは一番一緒にいる時間が多かったです。彼は、仕事はもう一線を退いていましたが、ドイツ語を勉強しようという意欲も大きく、なにより人生をエンジョイしているのがわかりました。嫁さんがミュンヘンに遊びに来ていたときに、手をつないで歩いてました。チャーミーグリーンでした。ジャックは日本の文化はSo Cool!といって、モンゴル800の音楽が大好きとのことでした。

f0022676_519449.jpg









 次に、同じ家に泊まっていた2人で、左がカルミネ(スイス在住イタリア人で銀行員)、右がマルコ(オランダ在住イタリア人特許庁職員)です。ドイツ語を貫いていたので深い話がずっとできませんでしたが、最終日に英語解禁にしたため深く知り合えました。その日の写真です。みんな結構笑顔ですねぇ。二人ともてっきりまじめな人だと思っていたら、最後に話したら女性の話でかなり盛り上がりました。万国、人は見かけによりませんね。


f0022676_5203314.jpg












そして最後に、家のお母さん。いろいろよくしてもらいました。印象的なのは、フランスのシラク大統領が原子爆弾をテロリスト対策に使いたいというような新聞にたいして、おはようと同時にでかい声で怒ってました。自分は広島出身なんで、原爆についての教育も他県より受けており、原爆について話していたら涙を流されてました。一方、コンサル会社を経営していてかなりパワフルで熱いお母さんでした。

by tamarich | 2006-01-24 05:36 | ドイツ情報
2006年 01月 23日

アイと合流できず。。

 皆様、ご無沙汰しておりました。昨日午前に無事ミュンヘンより帰ってきました。本来は、昨日夕方にHannover Airportでアイと合流しHannover生活をスタートさせる予定でしたが、出発直前に妊娠したことが分かりました。なお、流産のおそれもあるため安静にしなければならないとドクターからフライトストップがかかりました。約2週間後にどうなるかわかるようなので、またご報告いたします。それにしても、相変わらず昨年に続きドタバタどたばたしております。。。そろそろ、ドイツでの一人暮らしも終えるものと思っていただけに、寂しさもあります。が、がんばります。

この2週間ドイツ語研修のためにミュンヘンにおりました。ドイツ語はもちろんのこと、いろんな人と会い、ホフブロイハウス(有名な伝統のあるバイエルンレストラン)でビールを飲み、週末に勉強のためにDachau(ユダヤ人虐殺のあった拠点)に行きました。写真を添付して報告したいと思っておりましたが、今日はPCに写真を写せなかったので、後日2回に分けて説明しますね。乞うご期待ください。

by tamarich | 2006-01-23 02:12 | たま家
2006年 01月 13日

From München

Hello.How have you been ?
I am sending this e-mail in English from Internet cafe in Munich,
beause not writing but only checking in Japanese is available.

Here is about 5 degrees colder than Hannover.

And now I am joinning German language class ,in which class people
come from U.S.A ,Canada ,England ,Australia from 18 to 60 years old.
As you can find ,they are English speaker,comparing with usual English class which includes many Asian people.They also came here for business. It is exiting for me to know not only language but also their cultures .And ,I was surprised that everybody can use chopsticks fruently.Japanese food and culture is understood as cool one (in
Japanese :iki)

Anyway,I am OK,please take care of yourself!

Tama

by tamarich | 2006-01-13 04:01 | たま意見
2006年 01月 08日

本日8日~21日までお休み頂きます

こちら玉本です。
仕事の関係で本日8日から1月21日までミュンヘン(ドイツ南方)におります。
ネット環境がどうなっているのかわかりませんので、当Blogを一時お休みさせて頂きたいと思います。
なお、21日にはアイがハノーバー到着いたしますので、またご報告させて頂きます。
みなさん、それでは。

Tama

by tamarich | 2006-01-08 19:45 | たま家
2006年 01月 07日

ドイツでの年始

年始はいかがでしたでしょうか?
こちらドイツでは、毎年楽しみにしていた大晦日の格闘技は見ることができず、上司のお宅で衛星チャンネルで紅白を見ていました。日本でも歌番組は見ていませんでしたので、結構楽しめました。ちなみに、中島美嘉の歌が終わる前にサブちゃんの歌のイントロが「ダダダダーン」と鳴ってしまって、一瞬中島美嘉の顔が「えっ」と変わったところでサブちゃんのほうにカメラがフェードしたところが気になりました。あれはサブちゃんの意図的なPressなのでしょうか。中島さん、もう紅白はでないだろうと思います。日本ではこのことは話題になってないですか?
 さて、その後、たまたまRathaus(新市庁舎/左上の建物)の周りで花火を上げていたので、会社の先輩と見ていました。こちらドイツではほとんどの家庭が31日夜と1日にどっかんどっかん花火(ほとんど爆竹です。)を上げます。、車に乗っていても火薬のにおいが強烈で、町中煙たいし、花火というより爆竹の爆音なんで、最初は不愉快でしたが、だんだん慣れました。ドイツの人は普段は温厚なんですが、こういう文化を見たときに、もともと攻撃性があるんだろうなといことも感じられました。f0022676_5385375.jpg

by tamarich | 2006-01-07 05:22 | ドイツ情報
2006年 01月 04日

’06年抱負

新年明けましておめでとうございます。
昨年は、皆様のご協力の下、ドイツ赴任&結婚を筆頭にいろいろな出来事がありましたが、なんとか無事進めることができ、刺激のある時間をすごせました。誠に有難うございました。

さて、年始ということで、今回はまじめに2006年の抱負など書いてみようと思います。

<抱負>
全般的に、いろんな人に会うこと。もちろん外国人の中にも飛び込もうと思います。そして目新しいものにできるだけ触れようかとおもいます。体中に針金を引っ付けて、出会ったものを全部引っ掛けていくイメージ。ドイツ語が壁ですが、ガハハと笑ってごまかします。いつもですが。(笑)

そして、やっぱり、ドイツに来たのは仕事のため。そして今年こだわりたのが「一番」。 今までの仕事っぷりは、余裕がなかったので我武者羅に来た球をフォアボールでもポテンヒットでも何でもいいから塁に出るというようなマインドだったので、大目標の試合に勝つという気持ちがボケてました。今年は、チームが「一番」になるよう努力すべく考えます。大きな目標にむかって、埋もれずその集団の中で大きく関わるということ。これを一年を通して切らさないこと。大事ですなー。その中で大きい経験をつむこと。ここにきて,KG Fightersのときと状況が同じなので、ワクワクしています。言い過ぎかもしれませんが仕事もスポーツ感覚です。(笑)

新婚生活については、まずは喧嘩せず、協力しながらやっていこうかと。

それでは、今年もお付き合いの程、よろしく御願いいたします。

PS,下の扇子は結婚式の高砂にあったもので、気に入ったのでオフィスに飾っています。

f0022676_5173322.jpg

Tama

by tamarich | 2006-01-04 05:31 | たま意見