あいたまベルギー日記

tamarich.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 04月 30日

NFL Europe初観戦

 車で1時間半かけてハンブルグへ。今回、アムステルダムアドミラルズvsハンブルクシーデビルズ戦のあったAOLアリーナはサッカー日本代表高原選手の所属するブンデスリーグ ハンブルガーSVのホームスタジアム。
f0022676_17312310.jpg

大きさは東京ドームより若干小さいくらいという感触を受けたが、1階席が低く、観客とグランドが近く応援しやすい作り。

f0022676_1736497.jpg

このとおり、観客を雨から守る程度の屋根あり。









f0022676_17441525.jpg


試合前にダンス、ミュージシャンのショー、いろいろなイベントが終わりようやく試合開始のKickOffの瞬間。

f0022676_17484984.jpg


そして、2階席のシーデビルズファン。タッチダウンのときは、ワッと盛り上がります。ただ、南よりまじめで少々ものしずかと言われている北ドイツの人達だからか、一部以外は比較的に、試合の行方をじっと見ている様子。奥のバーチ2階席は残念ながら人が埋まりまらず。残念!入場者数は日本のXリーグファイナル6準決勝の試合くらいではないかと感じた。(入場者数がわからずすみません。漠然と。。。)

f0022676_1749579.jpg


試合の内容はといえば、最後まで行方のわからない試合展開で観客としては満足のいくゲーム内容。前半、シーデビルズのディフェンスラインが優勢でたびたびQBサック、インターセプトでモメンタムはシーデビルズにあったものの、後半折り返してアムスがあっさり2タッチダウンとってしまい、最後のシリーズ2分弱からサイドライン際へのパスでつないで、残り12秒でFGを決めて18対17でアムスの大逆転勝ち。

f0022676_17523058.jpg

楽しみにしていたアムスのLB力哉(#51)、WR木下選手(#18)、WR長谷川選手(#11)、DB堀選手(#21)ら日本人選手の活躍は残念ながらケガで力哉、木下選手の姿は見られず、また長谷川選手、堀選手は途中出場で今回はプレーに絡むケースは少なかったがフィールドを走り回っていた。次回に期待。

f0022676_17555966.jpg


 ちなみに、2003年までアムスでプレーされていた河口正史選手のサイン入りジャージを今も着ている熱狂的ファンを見つけた。プレーヤーだった人間の目でこういったものを見ると、非常に熱いものを感じる。これはすごいこと。同時にアメフト好きの目でみると、サッカーに負けじとこういったファンをどれだけ作れるか、NFLヨーロッパにがんばってもらいたい。ドイツ人のロジカル思考にはこの競技自体ははまるんじゃないかと感じている。そして、海外で仕事をしている人間の目で、活躍している日本選手の姿を見てパワーをもらおう。日本人選手、がんばって!!

f0022676_1858260.jpg













Tama

by tamarich | 2006-04-30 18:31 | アメフト
2006年 04月 27日

NFL Europe 29.Apr.2006 18:00

 今日、今週土曜日の Amsterdam Admirals vs Hamburg Sea Devilsのチケットが家に届きましたー。席によって値段は違うんですが、我々は50ヤード付近の2階席を取りましたので一人23Euro、1EUR=140円換算で3,200円程度(16%の税込)です。久しぶりに、「待ち遠しい」を感じてます。残るは無事にAOL Arenaスタジアムに行くことを祈るばかりです。でわでわ、アメフト関係の皆さん、土曜日までしばしお待ちを。 Tama

f0022676_5581071.jpg


by tamarich | 2006-04-27 05:59 | アメフト
2006年 04月 23日

春祭り

 ここハノーファー駅前で今月3週間程度「春祭り」というイベントが行われています。ちょっとした日本の文化の紹介(石庭を真似た簡易日本庭園)と日本の食べ物(焼きそば、たこ焼き、焼き鳥)を販売してます。日本人にとってはハノーファーで日本を紹介してくれることに非常にうれしさはあるものの、すごく日本を紹介するというやる気を感じれなくて。。。突っ込みどころも多し。写真のような竹作りの建物は日本で一般的ではないし(あるのかな?)、招き猫くらいは紙で作ったものでなく本物を置いてほしかった。(この紙招き猫も目が少女漫画みたいでかわいいけど) やっぱり、日本を間違って理解してほしくないんでね。
 海外と関係を持つようになってから、いろいろ日本のイメージを聞く場面が多いですが、日本と日本人への評価は高いという感触です。実際にこっちで生活していて、日本の生活品や食事やサービスや文化そのもののクオリティーは高いと思うし、日本人はバランス感覚あっていいなと思います。日本人でよかったなと思う。同時に、昔の日本人の努力の積み重ねから今の日本があるわけで、良いところ悪いところ総じて昔の日本人に感謝せねばと思う。一方で、古臭いけど自分も日本人の代表だという気概で生活せないかんなということも思う。(といいながら、ちょこちょこよろしくない車の運転をして「私は日本人ではありません!」といいたい場面があります。(笑))

f0022676_3391047.jpg










f0022676_3401416.jpg

by tamarich | 2006-04-23 06:51 | ドイツ情報
2006年 04月 17日

プラハ

 ハノーファー生活まだまだ短いながら、「子供ができると旅行は難しくなるからその前にヨーロッパをできるだけ回るぞ!」という強い心意気で、早速今回こちらドイツでは数少ない連休のうちの一つ、イースター休暇(4連休)のうち3日間を利用してチェコ共和国プラハに行った。2週間前までプラハがどこの国の都市かもわからない状態で、いままで中欧に行くとは露思ってもみなかったが、結果的に愛の選んだプラハは初めてヨーロッパの中欧、世界遺産を見て感じれて良かった。

 ここで、チェコの説明を入れると、この国は西にドイツ、東にポーランド・スロバキア、南にオーストリアに囲まれながら中欧最西に位置していて、ドイツ化への反発、カトリック化への反発(宗教改革)、チェコ人の民族独立運動、戦後の共産主義からの独立、その後のスロバキアとの分離等々近隣の影響を強く受けながらもチェコ人の血を守ろうと戦った歴史がある。その中で高い政治、文化を守ってきた国。正直、まったく知らないながら、世界遺産のプラハ城を訪れて文化の高さはすぐわかった。
 一枚目の写真は14世紀に建てられたプラハ城からプラハの町を見下ろした景色。当時の景色をそのまま残していて、本当にきれいでした。そして、この日は天気が幸い良くてそれはそれはきれいだった。
f0022676_450850.jpg


 そして、プラハ城内を入るとそびえ建つ聖ヴィート大聖堂。高さ100メートル弱。これが、かなりの迫力で圧巻。いつもこういった教会なり大聖堂なりを訪れて思うのは、キリスト教ってなんや?ということ。信者でもなんでもないながら、今後、一度勉強しておきたいことの一つ。なんでこんなパワーがあるのか。
f0022676_4471556.jpg

























f0022676_443208.jpg

こちらはチェコを代表するチェコ人画家ムハ作の一番有名なステンドグラス。写真に撮ってもこれだけ鮮やかなんで、肉眼で見るともっときれいで細かい!
















f0022676_4454092.jpg

大聖堂の中の全体の雰囲気。圧巻。













 大きくプラハを分けるとプラハ城(川の西岸)、旧市街(川の東側)、ヴァーツラフ広場(旧市街の南)の3つに分けられるが、プラハ城と旧市街の間にヴァルタヴァ川が流れていて、その川にカレル橋という両サイドの欄干に聖人像が立ってあるプラハ最古の石橋がある。その橋の上には、絵を売っていたり、似顔絵を描いたり、音楽を演奏していたりいろんな人間がいて、且ついろんな国からの観光客でごったがえしたりと忙しい橋で、久しぶりの人混みを経験した。もちろんこの橋も有名な観光名所の一つ。

f0022676_4513329.jpg

ちなみに愛はよさげな油絵をここで買いました。




















f0022676_4523176.jpg

この聖人像はネポムツキーという人。橋の上のたくさんある聖人像の中でもこの像に触ると幸運に恵まれるという言い伝えがありみんなが立ち止まってこの像に触る。















f0022676_4532855.jpg

子供も触ります。ちなみに、この写真が自分の中でお気に入りショット。








そして、旧市街。中心にヤンフス像(チェコの英雄。15世紀の宗教改革先駆者)があり、今回はイースターだったこともあってか、出店・屋外レストランがズラーっと並んでいて、人でごった返していた。

f0022676_8392190.jpg

ちなみ屋外で食べると70チェココルナ(2.5ユーロ/350円)程度の追加で屋外料金を払います。






f0022676_1611545.jpg


これがヤンスフ像、チェコの英雄。少し気になったのは英雄のわりに、その像の前で思いっきり店を出しているのが気になる。(笑)






f0022676_4562883.jpg

イースターということもあってこの旧市街は出店で一杯。中央右奥のほうの人の塊は教会(黒い建物)の天文時計を見る人で一杯。

 そして、最後にヴァーツラフ広場。ヴァーツラフというのはボヘミア(チェコのあたり)の最初の王(10世紀末)。この場所は、今ではプラハの銀座といわれているが、歴史的には1968年の自由化運動のときにここにソ連を中心とした共産圏の国が戦車で乗り入れて弾圧したらしい。その20年後の1989年、ベルリンの壁が崩壊した後、民主化運動のためにここに100万人が集まったらしい。イメージすると結構な迫力。

f0022676_4575414.jpg

黒い奥の建物は博物館。その前にヴァーツラフ像がある。










f0022676_45904.jpg


ヴァーツラフ像。









f0022676_15563864.jpg


博物館側、ヴァーツラフ像裏からの視界。下りになっているので、ざっと見渡せる。今回一番のお気に入りの場所。






f0022676_1647129.jpg

 最後にチェコ料理。グラッシュ(右)という野菜と肉を煮込んだスープとクネドリーキ(左)というチェコ名物の蒸しパンのようなもの。クネドリーキ自体にはさほど味はついてないのでスープをつけて食べます。おいしくはあるが、一度食べたら当分いらない感じかな。(笑)


 今回は、写真を撮りたくなる景色が多くて写真をたくさん貼り付けました。ご容赦ください!


Tama

by tamarich | 2006-04-17 08:52 | 旅行
2006年 04月 13日

俳句一つ

 このところ、更新できてなくてすんませんでした!仕事まじめにやってまいた。最近特に仕事でドイツ語の必要を痛切に感じてます。ドイツ人たちがドイツ語でミーティングする中で僕一人日本人の時もあります。もちろん、オールドイツ語で理解できません。かれら英語しゃべれるのにあえてドイツ語で話すんです。これ、いじめみたいなもんなんです、ほんとに。(笑) いつの日かドイツ語で「君と君はどこそこであれして、君と君はあーしてどーや」なんて言ってみたいもんです。 さて、そこで俳句一つ。

ドイツ語や ああドイツ語や ドイツ語イヤや(字余り)

Tama

by tamarich | 2006-04-13 05:13 | たま意見
2006年 04月 08日

ドイツ料理とドイツ語

4月7日の今日は、ドイツ語会話の先生と一緒に朝市場で食材を買って、みんなでランチを作って食べました。メニューは先生が教えてくれるドイツの家庭料理で、ポテトとインゲンとニシンの酢漬け、あとそのニシンを使って作るサラダでした。サラダには他にりんご、たまねぎ、ピクルスが入っていて、2種類の生クリーム(1つは日本でも売っている生クリームで、もう1種は脂肪分が少ないあっさりしたものでこちらではよくサラダに使うみたい、日本にはないと思う)で和えてあります。ニシンはそのままで食べるとしょっぱいけど、他の食材と一緒にサラダにして食べるとちょうどいい味付けになり美味しかったです。それに朝市で売っている野菜や肉、魚はフレッシュでとてもおいしい!
f0022676_505720.jpg















f0022676_512656.jpg
右写真は、ドイツ語の先生と日本人会の管理人、節子さん












午後はへレナとかなえちゃん(大学卒業後、ここハノーファーで芸術活動をしている広島出身の女の子)と一緒にうちでお勉強会?!というよりはお茶会かな…(笑)
こちらに来て初のお客様!ということで手作りのチョコレートケーキでおもてなし。
この会は、ヘレナが日本語を勉強したいとのことだったので、それならば私もドイツ語を、、ということでお互いの言語を教えあうことになったのです。といっても、ほとんどかなえちゃんが間に入って通訳してくれてるんだけどねえ…(ヘレナは英語をほとんど話さないのであたしとの共通語がないんです)
f0022676_5372348.jpg














週に1回はこの勉強会を開いていこうと思っています。
なによりこうしてお友達ができたことが一番うれしく、充実した1日でした。

あい

by tamarich | 2006-04-08 05:57 | あい日記
2006年 04月 05日

世界地図2006年版

 いやー、この本面白いです。たしか、2004年版から毎年読んでます。今回の2006年版も、なんとしても読みたかったんで、愛に日本で買ってスーツケースがかさばるけどこっちに持ってきてもらいました。国際政治、社会、環境、産業経済、スポーツ等々いろんな分野から世界をざっくり見れます。グラフを多数使っていて、全ページカラーで見やすい。まだ日本の本屋の店頭においているのかわかりませんが、あれば是非立ち読みでもいいので、一度見てみてください。「世界地図2006年版~今がわかる 時代がわかる~」成美堂出版 1,600円 (ちなみに、回し者ではありません。)

f0022676_581747.jpg

<クイズ>

①小泉首相の給料は?
②世界で一番晩婚の国は?
③米軍は世界に何人兵を派遣してて、どこへの人数が一番多い?日本には何人?
④インターネット普及率一番はどこ?
⑤セブンイレブンの出店数一位の国は?
⑥日本サッカーはFIFAランキング何位?
⑦世界人口の何%がキリシタン?イスラム教徒?
⑧日本の平均寿命は?日本は何番?
⑨日本の水産品の輸入率は何%?
⑩タバコ消費No.1ギリシャでの一人当たり年間喫煙本数は?

<答え>
①4,165万円
②スウェーデン 男35歳女32歳 日本 男31歳女29歳
③約27万人 イラク(12万人)が一番多い。日本には4.3万人
④アイスランド 77% 日本 58%
⑤日本 1万900店 一位、アメリカ 5796店 2位
⑥15位(前年22位)
⑦33%キリシタン、20%イスラム教、仏教6%
⑧82歳 一位
⑨60%
⑩4313本 一日平均12本

Tama

by tamarich | 2006-04-05 06:24 | たま意見
2006年 04月 01日

ストライキ

こっちに来てから、ごみ収集業者のスト、ビルの管理人のスト、救急車のストなどなど
ストライキを4、5回は見たと思う。
ごみ収集業者のストの時なんて、街中ゴミだらけ、マンションの前にもたくさんのゴミの山…
1週間以上も回収にこない!
ちょうどこの時期に来独してきたから、ハノーファーの第一印象は最悪。
ビルの管理人のストの時は、ドイツ語会話が急遽中止になった、鍵を持ってる管理人が出勤してこないから教室が開かなかった。
救急車のストにはほんとびっくりした、人々が一番外出する土曜日に、何台もの救急車が道路を封鎖したり、サイレンを鳴らして走っている…
しかも家の近くで!土曜といえば、唯一車でおでかけする楽しい日だというのに、、
通行止めで自宅にたどりつけない。。(後で聞いた話だけど、この時は事故の場合は助けてくれるけど、風邪等で病院に行っても診てくれなかったらしい)
ドイツ労働者のみなさん、お願いです、せめて予告してください…



しかし日本での生活とは違って、こっちでは何かとうまくいかないことが多い、
そんな中、自分のペースで何もかもやろうとするからストレスが溜まる…
今日できることは今日やらないと気がすまない
その上、商品は何でも日本の方が品質がいい、こっちは日本より高い上に質は劣る
つい文句が多くなってしまう…
小さなことでイライラしてしまって、たまに八つ当たりする日もある…
そんな時、そんな自分がとても小さく、情けなくて、、あたしってこんなんだったの?!って思って自己嫌悪。。

でも、こちらに来て3年になる奥様が、自分もそうだったけど、
明日できることは明日やる…
という考えに変えるようにしたという話など、いろいろ聞かせてくれた

私だけじゃない
さあ、壁に飾ったおーっきい世界地図を見て、ちっぽけな私とはさよならしよう。

あい

by tamarich | 2006-04-01 02:50 | あい日記