あいたまベルギー日記

tamarich.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 06月 29日

France vs Spain in Hannover 06.27'06

 今回は、W杯フランス対スペイン戦観戦日記。
 19時に会社から家に帰って晩飯を食べて、21時の試合開始にあわせてハノーファーAWDスタジアム入りした。スペイン、フランスはもちろんのこと、各国から観に来た人で一杯だった。

うわさに聞いていたパスポートチェックもなく、ボディーチェックもあまり厳しくなくあっさりパス。それもあってか、かなりダフ屋が結構横行していた。

f0022676_5455031.jpg


もちろん我々のチケットは本物でーす。








f0022676_548963.jpg






スペインサポーター。相当にぎやか。




f0022676_69130.jpg


こんな感じで持ち物チェック。女性は女性がチェック!








そして、いざスタジアム内へ!

f0022676_6185778.jpg


早速、スペインサポーターでうじゃうじゃ。 我々はゴール付近の縦からの観戦となった。近くには大きなはスペインサポーターエリアがあったのでスペインを応援することにした。


f0022676_6223051.jpg


いつもの入場テーマの後、整列。








f0022676_629264.jpg


アンリ、ジダンがこっちに向かって走ってくるときは結構迫力があった。






試合自体は、締まった良い試合で最後の最後はジダンのトドメ!
面白かったのは、スペインサポーター側だったので周りはスペインサポータかと思っていたら、ジダンが3点目をとったときには全体の半分くらいの人がうぉーって立ち上がって喜んでました。スペインサポーターの影でフランスサポーターがずっと隠れてたんです。

 ちなみに今日は、W杯試合の取材でFighters同期のOzaki氏がたまたまハノーファー入り中で、束の間ながら夕食をした。ハノーファーに知り合いが来る機会はまずないので、「なんでこんなとこで会ってるんや」といつもながらの面白さがあった。

f0022676_6583557.jpg

 ちなみに、Ozaki氏はフジTVのサッカー担当で「すぽると」などのサッカー関係の映像(試合・取材など)はだいたい彼が手配・編集してます。日本代表帰国後もOzaki氏は居残り組として取材中。若干疲れ気味なるも、彼にとってもようやく終盤戦。放送するかどうかは別にして、サッカー映像・内容の良し悪しは彼にかかってます(笑)。ということで、残りのW杯映像お楽しみあれ。

Tama

by tamarich | 2006-06-29 07:20 | ドイツ情報
2006年 06月 24日

'06W杯日本代表

いやー残念、日本のW杯終わりました。
今までのW杯で一番感動やインパクトの少ない結果でしたね。

アメフトもそうですが、魂のこもった激しいプレーを見て「ウォー!」と盛り上がりたいところですが、、、今回はあまりなくて残念でした。

選手・監督は試合結果を振り返っていろいろとコメントを残していますが、すべてはフィールドでやったことで判断されます。

~「行動は嘘つかない」(高校の鷹尾先生の名言)~
意味:自分自身も人も何を言ったかではなく何をした(する)かで証明される。

俊輔も日本の課題が見えたといってますが、もう遅い。
口はいいから、フィールドで魅せてほしかった。
最後まで走れ、歩くな!
パタパタ弾かれるな!
日本の代表で且つ10番つけてるやろ!
おっちゃん怒るで!

日本は大きく世代交代が必要になります。次期代表にはテクニックは必要ですが、「魂がプレーに出ている」要素を最低条件にして新しい選手が代表になってくれればなと思う。

ちなみに、27日ハノーファースタジアムで観る対戦カードはフランス(G組2位)、スペイン(H組1位)とおしゃれなカードになりました。W杯雰囲気を感じに、そしてナインティーンナイン岡村似のアンリを見に行ってきます!

Tama

by tamarich | 2006-06-24 18:05 | たま意見
2006年 06月 20日

オランダ アーネムにて

 今回友人関連。この日曜日に親友Tomiokaが出張でくるとのことで、車で310kmの道のりを3時間かけてオランダのアーネムに行った。
 それにしても、Tomiokaは相変わらずで、Tomiokaが泊まるホテルで会うということだったものの、彼はホテル自体を間違えて教えていたので、ホテル受付で「チェックインも予約もキャンセル履歴もまったくないです。」と言われて、電話もつながらず右往左往して半ば会うのを諦めていたところ、「遅いんちゃいますか、T・a・m・am・o・t・oさん?」との彼から電話。

こっちのセリフや。ま、彼は日本であろうが海外であろうが変わらず。元気そうでなにより。

 アーネムだけしかおとずれてないもののオランダ自体は初めてで、治安の良いといわれるハノーファーに慣れたせいか、どうもオランダが少し危ない匂いがした。オランダといっても以外と近く南ドイツに比べるとオランダのほうが近いことがわかったので、次回機会があればアーネムから50kmのところにあるアムステルダムに行って見たい。

f0022676_13473566.jpg


Tama

by tamarich | 2006-06-20 13:55 | 友人
2006年 06月 05日

日本 対 マルタ戦

 先週のWorld Bowl'06(アメフト)に続き、再び昨日LTUアリーナ(デュッセルドルフ)へサッカー日本対マルタ戦(W杯前最終親善試合)を観に向かった。ドイツなのにほとんど日本人の入場で、総入場者数10,802人。
 デュッセルドルフはドイツの中で一番の日本人のいる都市で、6千人程度の邦人がいる。ということは、我々みたく他都市からはるばる来た人もかなりいて、1万人はけっこう多かったかと思う。ドイツなのにまるっきりホームゲームでした。

 試合の内容は1対0とあまり芳しくなかったものの、メディアでよく見る選手を一通り自分の目で見れて、いろんな選手がフィールドに出たのでなおのこと良かった。

 アメフトもそうですが、特に試合前練習は力量とかチームの中の位置とか垣間見れて面白い。今回、あっと思ったのが、試合前練習で敵味方に分かれてパス回しをしていたのを見ていたら、中田(英)選手は試合前のウォームアップなのにスライディングしてボールを取りに行ってました。試合についても「切れることなく」走り回ってます。手を抜かない、そしてゲームを通して集中力も落ちない。ありゃやっぱり優秀です。

 ちなみに、駒野選手#3は注目。守って攻めて、上がったり下がったりかなり走ってます。僕の好きな「見えないところで実はがんばっている」タイプの選手。

 日本選手はどうしても小柄。パスを小気味よく回していく戦術は、体格からしてもそれでいいんだろうなと素人目にも思う。ちなみに、今回は審判が一番デカかった(笑)。

今大会出場選手はほとんど自分と同年代で、非常に刺激になります。

f0022676_19312165.jpg

国歌斉唱後。












f0022676_19325160.jpg



このどデカいシャツに応援サインがびっしり書かれてます。






f0022676_1934076.jpg



ちょっと俊輔のフリーキックを撮ってみました。試合中の光景はあまりいい写真が取れなかったです。。



f0022676_19345734.jpg


代表選手のバス前で。
「燃やせ!サムライ魂!」







 ちなみに、日本はW杯で盛り上がっていることと思うのですが、どうもドイツはいまいち盛り上がりが感じられない(ハノーファーだけか)。街中にいろんな国旗が掲げられ始めたものの、日本でいたときの'02W杯ほどではない。落ち着いたもの。

 チケット入手困難で諦めていたところ、最後の最後に有難くも友人の関係でW杯入手が可能になり、ハノーファーで行われる最終戦G組2位vsH組1位(21:00 Kick Off)を仕事あがりに見に行けることになりました(Dai、ほんまありがとさん!!)。自国はもう応援できませんが、W杯がどんなものかを観てきます。Tama

by tamarich | 2006-06-05 19:51 | ドイツ情報