あいたまベルギー日記

tamarich.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

Barcelona

行ってきましたバルセロ~~ナ。
ここはスペインの中でマドリッドの次に大きい都市。(人口170万人)
バルセロナといえば、ビーチ、ガウディ、ピカソ、闘牛、オリンピック、パエリア。(闘牛はシーズンオフのため見れず)
夏は涼しく、冬は暖かい地中海性気候で、ドイツの雨続きとはうって変わって天気も快晴。
予定も立てずふらふら歩き回って、かなりエネルギー消費したものの、飲み食いしすぎで太った旅行でした。

f0022676_17332631.jpg

海沿いの道にて。イメージどおりの海と雰囲気でした。夏だとかなり活気に満ちた場所になること間違いない。















f0022676_1735322.jpg

コロンブスの塔。海沿いにあってバルセロナの一つの象徴みたいな塔。ただ、歴史的にはバルセロナとどういう関係?出資したのはスペイン国王。コロンブスはイタリア人。出港したのはポルトガル。マドリッドにもこんな塔がある。








f0022676_175994.jpg

世界遺産のサクラダ・ファミリア教会。ガウディの未完の大作。建設開始から130年程度経っているが、まだ建設途中で、まだまだ100年以上かかると言われている。現在はガウディの構想が模型などとして残っていて、これを元に建築家がガウディの意志を受け継いで計画&作業にあたっている。

f0022676_17582977.jpg


西側正面を下から撮影。




















f0022676_17593994.jpg

「これ、ほんまに教会かいな。」と思ってしまう塔自身と彫刻群のデザイン。圧巻はこれらすべてのアイデアは自然から来ている。例えば、この柱は木をイメージしていて根元で幹が大きくなって、上部で枝のように分かれている。









f0022676_1801098.jpg

この穴の部分もある植物をモデルにしていて、柱の穴も枝が取れたときのイメージを元にしている。
















f0022676_181184.jpg

反対側の東正門。ボコボコのデザインだったり、上に緑のツリーが乗っていたり、変わっている。















f0022676_1813429.jpg

こんな感じでみんな上をずっと向いて眺めている。気づいたら自分も首いたかった。。









f0022676_184123.jpg

尖塔のデザインも変わっている。ちなみに、尖塔は高さ100メートル。








f0022676_1852298.jpg所変わって、ガウディ作のグエル公園。グエルさんはガウディを見込んで自身の邸宅や住宅地設計を彼に任せた。この公園一帯がその住宅地にあたる。それにしても、お菓子の家やんか。


f0022676_1855170.jpg



ガウディならではの曲線&モザイクデザイン。

















総じて、ガウディのすごいのは、おとぎ話に出てくるような建物を作ったり、自然をテーマにした統一性のないデザインやら、他の人が理解難しくて受け入れないようなものを生涯作り続けたところ。普通、たとえ彼のよなアイデアが頭で浮かんでも本当に作るまでには至らない。相当、自信とエネルギーがあったんでしょう。個人的にもこの人の考えや人間的な建物がごっつい好き。

f0022676_1871629.jpg

丘の上からのバルセロナの景色。ココが今回一番の爽快ロケーションでした。

f0022676_1881999.jpg

所変わって、オリンピック会場。いろいろ工事中で、入れる場所も制限があったのですがなんとか写真を撮ってみた。上に見えるのが聖火塔。












f0022676_18102171.jpg














走りたかった。。。

f0022676_1885660.jpg

オリンピック広場のモニュメント。今回のベストショット。



















f0022676_18115627.jpg
サルスエラという魚介たっぷりのカタルーニャ(スペイン東北部)風のブイヤーベース。







f0022676_18122675.jpg

ご存知、イカスミパエリヤ。日本で食べたとは比べ物にならないくらい美味かった。ヤミツキです。しかも、あまりスミが歯にくっつかなかった。これが本物?


いつも写真を撮ろうと準備しているのに、目の前に食事が出るやいなや、すっかり忘れてフライングしてしまう。サルスエラもイカスミも半分食べ終わってしまってます。ごめんなさい。

先ほど、CNNではシドニーのハッピーニューイヤー映像が流れました。
こちらはあまりいつもと変わらないですが、もう30分で日本も新年ですね。
今年もいろいろと皆様にお世話になりました。
今までと変わらず、2007年もよろしく御願い致します。
それでは、良いお年を!!

Tama, Hannover 15:35

by tamarich | 2006-12-31 23:34 | 旅行
2006年 12月 25日

ドイツのクリスマス

Tomiから「ドイツのクリスマスはどないか?」と質問あったのでちょいと返答。

ドイツの人にとっては、クリスマスが一番大切な日で、1月1日はさほど大きい意味はないです。
こっちのクリスマスは、日本の正月みたいな感じで家族と一緒にすごすのが普通。
今日、フィットネス行っても空き空き。
車で走っても、道はスイスイ、駐車もガラガラ。
クリスマスマーケットはクリスマス前のイベントで、もう終わっていて店やクリスマスの塔は解体前でやや寂しい感じでした。
みんな実家に帰って家族とすごしています。

本来のクリスマスはこういうもので、日本のクリスマスは商業的。
自分としてはにぎやかな日本のが好きで、クリスマス・正月のゴールデン期間はなんかはかなりワクワクします。

PS、Tomiさん、自分も一青窈の歌も好きですが、若干苦しそうに歌うときの感じが好きです。

Tama

by tamarich | 2006-12-25 04:01 | ドイツ情報
2006年 12月 24日

冬休み

昨日、会社のドイツ人同僚の30歳の誕生日に参加して、今回の冬休みがスタートした。最初はこの期間に日本に一時帰国する予定だったけど、今後のスケジュールの都合で12月26日から30日まで新婚旅行をかねてスペインバルセロナに行くことにしました。

ドイツ赴任前に、スペイン新婚旅行を申請した矢先、上司に「いつでもスペイン行けるから、とりあえずドイツに行って。」と言われて1年半年後の今、ようやくスペインに行きます。

ま、あまり計画もバチバチに決めていかず、ゆったり楽しみます。

一方、会社の人は半数程度は日本帰国するので、自分も一時帰国したときのシュミレーションをいろいろやってしまう。

家族に会って、
友達と居酒屋で飲み食いしまくって、
五反田で天下一品ラーメンと大山飯店で焼肉食べて、
あおい書店で新書、ブックオフで古書を一日中リサーチして、
カフェで本を読んで、
テレビをCMまでじっくり見て。。。

うぉー!

Merry Christmas!
Tama

by tamarich | 2006-12-24 09:06 | たま家
2006年 12月 13日

結婚記念日旅行

まったく、携帯つながらないってどういうことやねん!
またどっかでエンストしてるのかと思ったわ。
ほんと怒ったり、泣いたり、喜んだりと忙しい週末でした…

明日はレベル2コースの授業最終日。で、やっぱりテストがあるんですが
勉強する気が起きず、、、
ブログにむかってます 笑

9、10日の1泊でドイツは東、Dresdenへ遊びに行ってきました。
ドレスデンのクリスマスマーケットはドイツ最古(1434年以来)で、
会場の中央には巨大なクリスマスツリーと、
世界最大のクリスマスピラミッドが並んでいます。
昔は聖なるクリスマスに商売することは禁じられていたため、
食料や日用品を売る市がクリスマス直前に開かれていた。
この市が発展して現在のクリスマスマーケットになったそうです。
(地球の歩き方より)
マルクトにはいろいろな物が売られています、
ブルストやクレープなどのファーストフード、アロマキャンドルやお香など雑貨品や
ハンドメイドの木製おもちゃ、ドライフルーツやスパイス、洋服、帽子、本などなど。。
f0022676_0462218.jpg

ここドレスデンは、
エルベ川をはさんで旧市街と新市街地区に別れていて
旧市街にはバロック様式の宮殿や教会、お城があります。
中世を想わせるようで、おごそかで美しく綺麗、そしてとてもロマンチック。
あいにく雨だったので、十分に観光ができなかったのが残念。
いい写真も全然撮れなかったし。

右下は特大ブルストとこの時期の名物グリューワイン(ホットの赤ワインに
甘いスパイスをいれたもの)。
f0022676_0504027.jpg








左下はハリーに次ぐ、かなりいけてる?Tamaの顔。
f0022676_051995.jpg














帰りはLeipzigに寄って、ここでもやっぱりクリスマスマルクトを見てきました。
それと、ニコライ教会(東ドイツの民主化運動はここに集まった人々のデモ
から始まったとか)を見学し、ライプチッヒ生まれの音楽家、ワーグナー常連の
店カフェ・バウムでお茶してきました。

f0022676_0594359.jpg


f0022676_102459.jpg



今度は天気のいい日にまた訪れたいですね。
でも、とても素敵な記念日になりました♪

あい

by tamarich | 2006-12-13 01:26 | あい日記
2006年 12月 11日

やや泣き

 こっちでは正月よりクリスマスが重要。
この金曜日に会社でクリスマスパーティーがあった。
今回は駐車場に馬鹿でかい特設テントを張って、食事テーブル、立食テーブル、ダンスエリア(DJ付)などなどに総勢200人から300人はいて、会社でこういう機会も少ないから、みんな食べる飲む踊るとワイワイやっていた。

その中で、今の自分が一番欲しかった、最高に誇りに思える、一生の財産になる言葉をドイツ人トップから頂いた。

"Hi Tama, German colleages accept you, your open-mind,your behavior.If not acceped , nobody can follow you.You are different.Normal Japanese colleages don't talk with German people so much and don't smile so much. Mr.XX said that,and Mr.XXX and Ms.XXX also.Managers accept you ,and help you ,support you.Please continue your behavior. OK?"

これ以上うれしいことはない。
こんな言葉をもらえると全く想像もしてなかったし、それ以前に自分が大切にしているbehaviorが理解されていることすら思っていなかった。
そして、マネージャーたちがみんながそう思ってくれていること、それを自分が尊敬するドイツ人トップからもらえるとは思いもよらなかった。

彼の前でやや泣きしてしまって、言葉も出ず、話は3分くらいで終わってしまった。

10月に仕事を振り返ったときにドイツマネージャーとのやり取りに手ごたえを感じていたことが、確信になった。

自分が大事にしていたものが受け入れられた。
何も言っていないのに、理解されていた。
間違っていなかった。
散々苦しんでいたもやもやが見事に一気に晴れた。

このトップは自分が尊敬する人(50代)。
普段は笑うと子供のような笑顔を作って、誰とでも良くコミニケーションをはかって、人への気遣いがすごい。自分は知っていたけど、みんなが気にしてしまうからとお父さんが亡くなっても普通に何も言わず、仕事を笑いながらやっていた。
仕事の件でしゃべっているときに目を見ると彼の青い目の奥に何かがあるような吸い込まれる感じがする。彼が右向けといえば、みんな右向く。かといって、独裁では全くない。1000人超える会社の現地ボスだから、そりゃそうか。この人のリーダーシップはすごいし、人としてすばらしすぎる。ちなみに、昔はかなりモテたと思う(今もモテると思う)。

そんな彼にこんな言葉をかけてもらって、感謝の気持ちで一杯。
後は本当にビジネスに集中してガンガン彼らに役に立つことをやっていかねばと決心する。

さらに、ドイツ人スタッフからドイツ人はあまり会社関係は呼ばない誕生日会に招待してもらった。これもうれしすぎた。

その後、一番仲良くしてもらっているセールスのジェネラルマネージャーから「今からみんなでクラブ行くからTamaもいくぞ!」と、1時にパーティーを出て、3時半ごろまでみんなでワイワイやった。これもうれしすぎた。みんなありがとう!

人間、幸せと不幸せのバランスが取れていて、家に4時に帰ったら、連絡なく朝まで飲んでいたことにあいが大激怒。
これについては、自分が100%悪い。
すみませんでした。

そして、1時間だけ寝て、朝6時にドレスデン1泊旅行のために頭ガンガンのまま家を6時に出た。

そんなアイの大激怒も、この日の出来事でかき消された。
味方はたくさん、必ずやっていける。
アゲンストの風が、一転フォローに変わった。
早く帆を揚げねば。
自分がやるだけ。

Tama

by tamarich | 2006-12-11 06:29 | 仕事
2006年 12月 08日

フラワーアレンジメント2

f0022676_0173199.jpg

久々の投稿です。
ちょっとクリスマス風にしてみました
サンタとバラをはずして、白をちょっと飾ればお正月もいけそうです。


それから超久々にビーズでブレスレット作りました
スワロのクリスタルABと、丸しょうのクリスタルで。
f0022676_018770.jpg

by tamarich | 2006-12-08 00:29 | あい日記
2006年 12月 04日

心技体の体②

最近日曜日に、2週前に入会したフィットネスクラブのHOT IRONという1時間コースに参加している。

HOT IRONとは、エアロビみたく音楽に乗せた運動で、エアロビとの違いはバーベルを持ったエクササイズで、有酸素運動(中長時間の継続運動)と、無酸素運動(筋トレ的運動)をミックスした運動。

この手の運動は苦手やし、分かる人は分かると思うけど、これがほんまにきつい。
いつも終わったあと汁だくになってる。
めがねが曇ってる。

ちなみに、汗が目に入って痛い。
いかに汗が塩分を含んでいるか、ということは、いかに運動不足だったかが分かる。

エクササイズ後に消耗するのは今までの運動不足がたたっているのは明白なのだが、横でドイツ人男は仕方ないにしても、ドイツ人女性が自分よりチャキチャキやってるし、重りも自分より重いのをつけてやってることは許せんので、HOT IRONについてはドイツ人女性より重い重りでバシバシできるようになるまで続けるつもり。

動機不純で結構。

とはいえ、日本ではまずビルダー女性以外にこんな重りを持てる女性はまず見ない。
基本的にドイツ人は間違いなく筋力がある。
でも、瞬発力は劣ると思う。
いろんな動きを見てて分かる。

ようやく、体を動かすことが毎週のローテーションに定着してきた。
生活の中に爽快感を取り戻してきた。

f0022676_330535.jpg

フィットネス内部。

Tama

by tamarich | 2006-12-04 01:45 | たま意見
2006年 12月 01日

デュッセルドルフ出張

全ヨーロッパマーケティング会議に参加した。
ドイツ社所属としてはこういう機会は刺激があっておもしろいし、話すのも英語で話すので助かる。
参加者はヨーロッパ各国から来ていて、特に休憩の間の話が面白い。
案の上、クロアチアから来た女性とはミルコクロコップの話で盛り上がった。
夜は参加者で食事(モンゴリアン料理)をした。
ドイツには日本みたく、仕事上がりに会社の同僚と飲みに行くという文化はないので、結構ドイツ人マネージャー&スタッフとコミニケーションをはかるのにも良かった。

Chu-sanももちろん参加。
かなり忙しそうだったんで、あまり話ができなかったけど、インパク知な一言を賜った。

「1年経って、以前は何でも新しかったけど、今は刺激が少なくなくなったし仕事でいろいろあるから昔とちゃうんや。日本でおったときと同じような生活になってきとんや。」

そのとーり!(アタック25)
心情が徐々に日本にいたときと同じような状態になってる。
自ら刺激を受けに行かねば。

帰りは、今回デュッセルだったので、お決まりだがハノーファーにないラーメン屋へ行って味噌ラーメンを食べてハノーファーへ向かった。

PS,Chu-san,無事in Italyですか。

Tama

by tamarich | 2006-12-01 08:01 | たま意見