あいたまベルギー日記

tamarich.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 29日

結菜(ゆな)

 11月25日19:08、我が娘が母子共に無事で生まれました!!
予定より3週間早い急展開の出産であったこともあり、体重は2625gと少し小さいながら、泣いて、寝て、乳を飲んでと順調に一生懸命赤ちゃんのお仕事をこなしています。
f0022676_833181.jpg

後日、奮闘記をしたためますが、改めてドイツでの出産は言語面でやっぱり難しかったこと、実家のサポートはないこと、 コンビニがないためしんどいときの食事に困ること等々、異国での出産の困難は多々ありました。そんな難しかった出来事も娘の寝顔が吹き飛ばしてくれます。

ちなみに、名前は結菜(ゆな)と言います。
遊んでやってください。

ここに至るまでに、お気遣い頂いたり、アドバイスを頂いたり、多大なご支援有難うございました。夫婦共々大変感謝しております。これからも、結菜のTama家加入を 機に、Tama家はさらにさらにパワーアップしていきたいと思います。

PS、当面、親ばか傾向かとおもいますが、ご容赦ください。。笑

Tama

by tamarich | 2008-11-29 08:30 | たま家
2008年 11月 23日

Baby③

 こちらドイツ、街はクリスマスマーケットの準備中なのに、1週間フライングぎみに昨晩から雪がすでに降ってます。。。本当に寒くて、0.5度をマークしました。。。
f0022676_1748096.jpg
(家の窓から)
こんな寒さも関係なく、うちのBabyはすくすくデカくなってます。
2日前の検診ではもう2600gあるらしく、「今生まれたら、生まれたまでの話。問題ない。」との話を受け、とうとう実感が沸いてきました。

今週は医者に3回ほど行ってきました。どうやら、こっちの病院は結構慎重なのか、頻繁に病院に来るように言われて、こちらもなすがまま病院に行ってます。ただ、ハノーファーの一番大きい総合病院に行っているので日によって医者が違うので、昨日の医者に病院に来るように言われて病院に行ったら、「今日は何をしに来たの?」と言われて、唖然とすること頻繁です。慎重なのは良いのだが、医者間の横の連携をちゃんととって欲しいというのが日本人の意見です。日本ではありえんですよね。

そして、予約時間はあってないようなもので、1時間待つのは当たり前の世界ですね。すべては医者の都合にあわせて診察は進み、遅れてもあんまり申し訳なさそうな素振りもなしですね。日本も同じようなときもあるか。。そんな不満もあるものの、一方診断の慎重さは明らかで助かります。

何はともあれ、来週水曜日で臨月に入ります。
そろそろです。
楽しみ楽しみ。

Tama

by tamarich | 2008-11-23 04:50 | たま家
2008年 11月 11日

Ozaki氏来独 3回目

 「もうけえへんで」と毎回言いながら、なんやかんやでこの方ハノーファーに来て3回目。今回も俊輔(グラスゴー)、長谷部(ドイツ、ボルフスブルグ)へフジの「すぽると」用の取材に行ってここハノーファー入りしました。
f0022676_621310.jpg
バームクーヘンを持って帰ってもらいました。
1回目
2回目

今回は「また来るかも。」との一言。
また4回目来てね。笑

Tama

by tamarich | 2008-11-11 06:13 | 友人
2008年 11月 10日

3年目振返り

 ということで、2005年10月31日にドイツに来てちょうど3年が経った。
「いやぁ~、早い。でも遅い。」そんな思いでいる。
そこで、あまりBlogに書かない仕事について、恒例の年1回の振り返りをしよう。

この1年はひょっとすると今までで一番スキルはアップしたという感触ながら、一方我武者羅度合いは低かったかもしれない。

どうも、昔は当たり前でない事も今は当たり前になっていたりして、取り組んでいること、周りの環境に慣れてしまっていた。昨年(↓)の振返りで言っているものの。。。

**************************************************
ただ、成長ではなくてただの「慣れ」では話にならないので、3年目は自らケツをたたく歳にしたい。
**************************************************

今回、またまた上司が変わることもあり、もう一度4年目は手綱を締めて自ら“自らのケツを叩く”ことが必要だと思う。また、自分からまだまだドイツのビジネス&文化にどっぷりつかるということもまだまだ必要。足を突っ込めば突っ込むほど、どんどん時間と労力はかかるが、得るものもどんどん増える。

そのためには、むしろ特別なことをするわけでもなく、一日一日を規則正しく生活しよう、身の回りをきれいにして、頭の中もクリアにして仕事に集中することを心がけよう。もともと、日本でいるときより刺激の少なく単調な生活ではあるものの、だからこそいろんな自分の微妙な日々の変化に気づく。仕事も一緒。”ケツを叩く”のは、その繰り返しをしぶとくやり続けることに対して。その先にドイツビジネス&文化への理解を深めることができる。

オヤジが正午に起きてきた僕に「俺はどれだけ寝るのが遅くても、リズムが乱れるから朝起きる時間は一緒やけどな。」とぼやいていたのを思い出す。

イチローではないけど、毎日自分のパターンで球場入りして、毎日同じ試合前練習をして、毎回同じしぐさでバッターボックスに入る。その繰り返しだからこそ、逆に細かい変化に気づく。そして、彼らトッププレーヤーがバットやグローブなど道具をピカピカに磨き、整備して、万全を期して試合に臨むのも、Bestの仕事をしようという気持ちが行動に現れている。

4年目の目標は、さらにドイツにどっぷりつかること。
「慣れ」は大敵。
自分で“ケツを叩いて”、一日一日自分を律する。

ちなみに、子供が12月にできるから、仕事も生活も、思い通りにならないと思うものの、逆に身の引き締まる出来事であり、次のステップを踏んでいるようでめちゃくちゃ楽しみ。

Tama

by tamarich | 2008-11-10 17:34 | 仕事